iPhone 4:白モデル、今週どんな動きが...

| コメント(0)

7月末に発売...ということで正式に動き出しそうなiPhone 4のホワイトモデル。連休明けにはなんらかの詳細が発表されるのではないかというところで、私も内心落ち着きません。

そんな中、今朝はホワイトモデルの生産の遅れについての記事を読みました。
White iPhone 4 delay: the challenges faced by Apple's glass supplier -- Engadget

ふむふむ、パネルはLens Technologyなる会社で白くペイントされている模様。

According to Chinese newspaper 21st Century Business Herald, the problem stems from a little-known Chinese factory by the name of Lens Technology, which is apparently responsible for transforming fine raw glass into the majority of iPhone glass panels out there

そして、ジョナサン・アイブが絶対的白さを求めている...か。
Specifically, the factory's still working out the perfect combination of paint thickness and opacity -- the former to ensure the next sub-contractor has enough clearance for the digitizer overlay, and the latter for the absolute whiteness that Jony Ive and co. strive for.

あまりの需要の多さに、パネルがアップルの要求の半分しか生産できない模様
According to industry sources, Lens' current production capacity only meets half of Apple's demand, thus becoming a major bottleneck for the entire iPhone 4 production pipeline.

パネルは1時間に3つしかカットできないし、白くペイントする作業には熟練のオペレーターが必要ということのようです。
Considering each CNC machine could apparently only cut out three iPhone 4 glass covers every hour, Lens will need to get its act together on the paint job and use all the machines it can get -- along with their skilled operators -- to keep Cupertino and its followers happy.

私の英語読解力が適当ですが、白さを追求するアップルの要求に応えんとするばかりに、とにかく作るのが大変ということですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年7月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フィリー・ソウル新定番Tシャツ届く。」です。

次のブログ記事は「北村大沢楽隊の記念誌「大沢楽隊誌」発行...しかしすでに入手不可...泣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。