吉祥寺Sublo(サブロ)の新店舗に行く。

| コメント(0)

8月8日は、吉祥寺の文具店「Sublo(サブロ)」の新しいお店がオープンの日でしたので、ちょっと寄り道してきました。古いお店からのお引っ越しです。

こんにちは。Sublo(サブロ)は吉祥寺にある文房具のお店です。

吉祥寺駅前方面から、吉祥寺通りを東急方面に進み、そのまま東急を通り過ぎて少し先に行くと目印の不動産屋さんの看板が見えます。その2階が新しいSubloの店舗。以前の看板もお引っ越ししていました。

まずその不動産屋さんのビルの階段を2階に上がるのですが、その階段がなんとも狭くてレトロな雰囲気。それがまたSubloさんらしい。その階段を、他の方と譲り合いつつすれ違いながら上って2階のお店へ。

店内は窓の外が開けているので、今までよりも明るい雰囲気です。お店の中は、今までより少し広くなっていましたが、ものすごく広くなった...という程ではありません。レジ回りは広々していました。これでレジ待ちの人で店内が混むことは無くなりそうです。並んでいる商品もこれまで通りですから、今までの雰囲気もそのまま引き継がれているように感じました。

R0014650今回のお買い物はこんな感じです。どこかで見かけたら買おうと思っていた、マルマンのミニスケッチブック、水縞のオリジナルメモパッド、Delfonicsのストックアルバム。

朱肉キーホルダーやSubloオリジナル朱肉ストラップ(これがなかなか凝っていて良かったのです!)にかなり魅かれましたが、今回は我慢しました。


吉祥寺アトレにはDelfonics系列のSmithや小さな丸善もできましたし、文具店がどんどん充実してきました。もう少し涼しくなったら、三鷹の山田文具店さんにも是非行きたいと思っています。

山田文具店 | 文具(ステーショナリー)を愛する人のための、雑貨セレクトショップ

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年8月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アップルが旧盆頃になにやらイベントを計画か?」です。

次のブログ記事は「なぜか上海問屋でLAMY製品が安い!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。