書籍「ワンテーマ指さし会話 ロンドン×本屋」

| コメント(0)
4795842930ワンテーマ指さし会話 ロンドン×本屋 (とっておきの出会い方シリーズ)
リパード 恵子
情報センター出版局 2010-11

by G-Tools
「旅の指さし会話帳」が最初に出てけっこう便利だと話題になった時は、私も画期的な本だと思いました。特にマイナーな国に行くときに良さそうだなと。でも私自身はあちこしに海外旅行に行くわけでも無く、今まで自分で買ったことはありませんでした。

で、こちらはTwitterのブック系なTLで見かけて買ってみた、指さし会話シリーズの番外編の本であります。(最近はTwitterがきっかけて本を買うことが増えてます…)

本のサイズは文庫サイズ。ジュンク堂で自分では探せず、店員さんに出してきてもらいました。タイトル通り、ロンドンの本屋さんガイドです。しかも、要所要所で最低限の指さし会話もついています。

本屋さんのことばかりでなく、イギリスの本事情、大型書店、専門書店、古書の町として有名なヘイオンワイなどのガイドブックになっています。ヨーロッパの小さな本屋さんの店舗そのものに憧れがあるので、写真で店構えや店内を眺めるだけでも楽しいです。う~む、眺めているうちにロンドンに行きたくなってきましたよ~。いつかきっと!

こんなテーマを絞ったガイドブックもオモシロイですね。どこかの街の文具編出ないかなぁ。ニューヨークはフリマですか。なるほど。

4795842434ワンテーマ指さし会話 ニューヨーク×フリーマーケット (とっておきの出会い方シリーズ)
倉本 哲
情報センター出版局 2010-09

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年12月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりにradioSharkのアンテナ調整」です。

次のブログ記事は「ホワイトハウスコックスのウォレットとしばしのお別れ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。