石巻から帰りました

| コメント(0)

3/27 南光町28日の夜に、石巻から東京へ帰ってきました。出がらしの被災地写真ではありますが、私がバス停から実家まで歩いた範囲と、実家の周辺で撮った写真をFlickrにアップしました。テレビやネットで見てはいても、実際にがれきの山の中に立ってみると、厳しい現実を突きつけられたような気持ちになりました。もう実家のすぐ目の前のことなのです。でも、多くの人たちが救援・復興に力を尽くして下さっている様子も目にしましたし、希望を持って、これからも故郷を応援したいと思います。この写真は石巻のタンポポ。もう春は来ています。

今日はもう画像をアップするだけで精いっぱいなので、次回以降に、少し解説をつけてあらためて紹介したいと思っています。

2 weeks after TSUNAMI @ishinomaki 津波から2週間後の石巻 - a set on Flickr

長い帰りの道中も、いろいろなことが頭の中を巡りました。私が見たのは、石巻市のごくごく一部。それだけでも心の痛むことなのに、これが太平洋沿岸一帯で起きたことなのだと思うと、もう通り一遍の表現では言い表せないものがあります。マスコミにはほとんど報道されない、リアス式海岸の1つ1つのギザギザの谷間にある多くの小さな港の集落の皆さんのことも気になります。もちろん、自宅避難者の母くみこさんの今後のことも気になります。

原発事故や計画停電でちょっとした非常体制下にあるとはいえ、多少の物不足はあるものの、普通に生活できる東京に戻ると、なんだかフクザツな気持ちで一杯になりましたが、いつまでも私がグズグズしていても仕方ないですね。多くの犠牲者の方のご冥福を祈り、少しでも早く、被災地の皆さんが普通に暮らせるように願い、遠くからでもなにか協力できたらと思っています。

私としては、今後もピンポイントで石巻をフォローして行きたいと思います。地震・津波の直後や、赤十字の救援活動の様子など、多くの人が多くの写真を見ることができるのは、阪神淡路大震災の時と大きく違っている部分ですね。いくつかご紹介して、今日はひとまず。

石巻の各地の写真を地元から発信されている日下さんのブログとPicasaアルバム
石巻・女川の震災被害
Picasa ウェブ アルバム - 羊一日下

Flickrのアルバムで石巻が映っているもの
Collection: Japan Earthquake and Tsunami Disaster 2011
Ishinomaki, Miyagi - a set on Flickr
Japan - earthquake & tsunami response - a set on Flickr

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年3月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石巻に行ってきます」です。

次のブログ記事は「1週間もブログを休んだのは久しぶりでした。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。