「スティーブ・ジョブズ」は10月25日発売。

| コメント(0)
本人公認ということで、すでにアマゾンのベストセラーでトップを走っている伝記「スティーブ・ジョブズ」。ジョブズ氏が亡くなった直後、「全世界で10月24日同時発売!」という触れ込みでしたが、アメリカ時間に合わせたのか、日本では25日発売(上巻)だったのですね。

明日ホントに来るのかな?と予約したAmazonでチェックしたら、出荷日は27-29日でした。果たして何日に届くかな?24日発売のスティーブ・ジョブズ伝記本、すでに増刷決定! (RBB TODAY) - Yahoo!ニュース

講談社も思わぬベストセラーにホクホクでしょうねぇ。そして出版前に小出しでエピソードを出してくるあたり(元は主にアメリカでしょうが…)も、周到な情報操作を感じますが、吊られている私も私です。

アンドロイドぶっ壊す!という話しとか…
Steve Jobs: “I’m going to destroy Android, because it’s a stolen product. I’m willing to go thermonuclear war on this.” | 9to5Mac | Apple Intelligence

ジョナサン・アイブにけっこうな権限を与えていたとか…
AppleInsider | Steve Jobs left designer Jony Ive more power than anyone at Apple

最後のプランはテレビだったとか…
Jobs's final plan: an ‘integrated’ Apple TV - The Washington Post

実は私、最近のジョブズ本はほとんど読んでいないのです。アップルの景気が良くなって以降は全く。アップル復帰でiMacが売れ始めた頃ぐらいまでですね読んでいたのは。そんなこと、今さら読まなくったってさ…みたいな気持ちもあったかな。最近のビジネス的な絶賛ぶりには違和感がありましたし。(そもそもビジネス書が嫌いなんですよ。)

今回は本人公認ですから、変人ぶりとか悪口とかそんなのは無いのでしょうけど、自分としても追悼&集大成的な意味でやっぱり買っておかないと…ね。あ、そういえば、キース・リチャーズの自伝もまだ積ん読の山の中でした。読んでいない本もまだまだあるのですが、このところ本を開くとすぐ眠くなってしまうのが痛い。

このごろは、くみこさん(母)まで「ジョブズって人の悪口が週刊誌に出てたじゃないの」…なんて私に言ってくるぐらいですからびっくりします。まぁ、私がブログでジョブズ、ジョブズと言っているのを読んでいるからなのですが。職場でも、アップルとは全く縁のない人からも、いやああのジョブズってひとの演説(スタンフォード大の)は、素晴らしいねぇ…感動したよ!とわざわざ私に声をかけて下さる方もあり、なんだか私自身もこの騒動にびっくりする日々がまだ続いております。

<追記>
ここでも上下分割技ってことですよね。アメリカの単行本はかなり分厚い本が結構あるけれど、日本はやりませんねぇ。
【やじうまWatch】 伝記「スティーブ・ジョブズ」の日本国内の価格設定が話題に ほか -INTERNET Watch

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年10月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日のいただきもの。」です。

次のブログ記事は「オーディオブック「Steve Jobs」が2,700円で一足先にリリース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。