母の日プロジェクトが始動!

| コメント(0)
先日、実家のくみこさん(母)から、電子辞書が欲しいと相談がありました。海外から訪れるボランティアの方と交流する機会があり、会話にならなくても、和英辞書を使って単語の意味だけでも伝われば、もっとコミュニケーションがとれたのに…という思いからだとか。紙の和英辞書でも良いのだけれど、最近は電子辞書なんだってね、適当に選んで買ってきてくれないかという話でした。
そういえば私も電子辞書はもっていたのだけれど、もうここ2縲怩R年はほとんど使わなくなっていました。英語の勉強を以前ほどしていないということもありますが、ネットやiPhoneで調べれば済んでしまうようになったことも大きいのです。最近の電子辞書はいろんな辞書や辞典、英会話コンテンツなどがてんこ盛り。でも本当に電子辞書でいいのか? さっそくヨドバシあたりにいって物色するつもりになっていたのですが、まずはネットであれこれ見ながらどうしようかと家でブツブツ言っていたところ、家人様からiPadにすればと背中を押す声が。iPadだったら辞書以外の他のことにも使えるし、他のことにも応用が利くほうが良いのでは?ということです。そりゃそうかなとは思っていたのですが、なんだか最初っから私が押し付けてもなぁ…と思って遠慮もあったのだけれど、第三者(?)もそう思うのだったらとすぐにその気(私がです)になりました。 電子辞書にしろ、あらためて操作を覚えなくてはいけない訳ですし、電子辞書が優位なのは電池の持ちとコンパクトなところぐらいかなと。念のため電話で確認すると、とにかく外に持ち出すわけではなく、家で見るだけだから多少大きくても構わないとのこと。英会話なんかもちょっと勉強できるとなお可だそうです。最近はニュースにも大きく取り上げられているので、iPadといってなんのことだかすぐわかってもらえるというのもすごいですけどね。 ちょっと予算的には大幅オーバーですが、母の日と誕生日のかなりの前倒しということで、大奮発してもいいかなということで、従兄弟の結婚式で上京のおりに、実物を見せて最終確認して決めることにしました。 新しいキカイというのは、また新たに使い方を覚えなくてはいけない…ということで、本人もちょっと心配そうではありましたが、iPadならなんとかなる…と思うんですけどね。はてさて。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年5月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スピーカー&アンプ:そしてとうとう買いました。」です。

次のブログ記事は「木村屋総本店の春の新作「抹茶あんバター」→◎です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。