母の日プロジェクト:iPadに決定!お揃いのホワイトモデルです。

| コメント(0)

さて、先日いとこの結婚式でくみこさんが上京し、一緒にお昼を食べようということになりまして、私はiPadを持参。実物を見てもらいました。

こんなのだよ…とゴソゴソと実物を出し、最大の目的の英語の辞書をデモ。国語辞書はいらないと言っていたけれど、せっかくなので大辞林でいろんな言葉を見てもらったりして、なんとなく雰囲気は伝わったかな。写真も見せましたが、Retinaの画面がキレイというところはあまり心に響かなかった模様。Wi-Fiモデルですので、ネットに接続できないと意外とできないことが多いことを実感しましたが、それにしてもあまり上手にデモできなかったなあ。

で、iPadが今一つなら電子辞書にしてもいいのだけれど、どうする?と最終確認してみましたところ、もうiPadが来るってまわりに話してしまったからということで、実はもうすっかりそのつもりなのでありました。まあなんとかなるでしょう。お色は私とおそろいのホワイト希望。

その後、くみこさんを東京駅まで見送って、その足で銀座へGo!(実はうっかり京浜東北に乗ってしまい、浜松町まで行って戻りました…)

容量は16GBで十分ですが、年配者には少しでも画面がきれいなほうが見やすいということで、Retinaディスプレイの新型iPad(Wi-Fiモデル/ホワイト)にします。入店してすぐにスタッフの方に希望を伝え、まずは在庫確認。在庫がありましたので、本体のみ即お持ち帰りしました。予算の関係上付属品は一切なし。

くみこさんがMacで日常的にやっていること(Twitter、メール、Webブラウズ、Skype)は、だいたいiPadでできそうです。年賀状印刷と写真のプリントなどは難しいので、それは今後もMacにお任せしようと思います。iPadからも印刷できないことは無いですが、いろいろ複雑になりそうなので無理だと思います。

悩ましいのは、なんでもiPadでやりすぎても、逆にMacの操作を忘れてしまいそうだということ。とすると適度にMacも使うような使い分けにする必要もでてきます。2つのキカイの使い分け…うまく行くかなぁ。さしあたってはTwitterと辞書類、そして簡単な英会話アプリぐらいを入れて行こうと思います。

デジカメで撮った写真をiPadで見られると楽しいんですけどね。とするとiCloudも必要か?少し前に長年使ってもらっていたLEAFOからiPhotoに乗り換えたのですが、これがことのほか不評で、うまく使えないから使い慣れたLEAFOに戻したいという希望もあるので、このあたりも思案のしどころです。iCloudでMacに取り込んだ写真をiPadで眺めるならiPhotoだよなぁ。アカウントは私とは別に作らないといけないし…いざとなるといろいろありますね。

今は、どんなアプリを入れると楽しんでもらえるのか、あわてて研究中です!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年5月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「木村屋総本店の春の新作「抹茶あんバター」→◎です。」です。

次のブログ記事は「スピーカー&アンプ:CM5とPMA-2000SEのセッティング開始。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。