雲雀野海岸のハマエンドウ

| コメント(0)

ハマエンドウ
最近海岸線で減ってきているというハマエンドウ。昨年5月に、石巻の雲雀の海岸に咲いていました。防波堤と道路の間の狭い砂地です。目の前にある瓦礫置場の様子をよそに、今までと変わりなくひっそりと咲いていたのでパチリ。

昨日、朝日新聞で、震災以降このハマエンドウも三陸沿岸でも減ってきており、逆に外来種が増えているという記事を読みました。(有料記事なので、ネットでは最初の部分しか読めません)

朝日新聞デジタル:沿岸部、変わる生態系 津波が影響、外来種増加 - 社会

記事の趣旨は、津波で沿岸の生態系が変わっており、防災工事がさらに追い討ちをかけるとというもの。そのなかで、減っている植物の一つとしてあげられていたのがハマエンドウでした。そういえば、確か昨年雲雀野海岸でハマエンドウを撮ったよなぁ…と思って引っ張り出してみました。

ここのハマエンドウ、津波をかぶったぐらいでは全くめげなかったわけですが、防波堤や道路工事が始まったら消滅してしまうことでしょう。今は特別な植物というほどではないのだけれど、絶滅危惧種になる日も近いかもしれないなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年2月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気になる記事Clip:本の周辺から…」です。

次のブログ記事は「今日はGoogle+な日。Friends+Meを使ってみようかな。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。