レゴ アーキテクチャー「ファンズワース邸」完成!

| コメント(0)

R0016049.JPG実は先月のうちに買ってはいたのですが、やっと組立に取りかかりました。レゴのアーキテクチャーシリーズ、私の大好きな建築の1つ、ミース・ファン・デル・ローエの「ファンズワース邸」、念願かなってやっと入手。これから作りますよ縲怐B

R0016050.JPG中には解説付の説明書、とパーツがこんなに…。解説書は英語ではありますが、ただのレゴの組立説明書ではありません。厚みもあって、ちゃんとファンズワース邸という建築についての紹介もしっかり書かれています。


R0016052.JPGテラスだけ完成させたところ。小さいピースのタイル張りが大変です。階段がそれらしくていいなぁ。


おっと、テーブルつけ忘れたので、一旦のせた屋根を外してセット。リビングはこんな感じで再現されています。イスもテーブルもあり。


ファンズワース邸 完成集中作業で1時間ちょいで完成しました。やはりタイルが多くて大変でした。でも直線的なところはレゴにぴったりですね。よく再現できているので満足感高し。やっぱりレゴは自分で組み立てて行くのが楽しいですねぇ。


この手の小さなパーツの多いレゴで、実はいつも内心ハラハラするのは、パーツが足りなかったらどうしよう…と心配になること。作っている途中で、あれ?これ無いよ…とガサガサと探すのですが、ホントに無かったらどうしよう…と本気で心配になります。そんなことは一度もないんですけどね。今回も無事落成でほっとしました。

※実はこんな写真集を買ってしまうほどスキ。

写真集「Mies van der Rohe」であこがれのファンズワース邸を脳内で巡る。 - now and then

※こちらのサイトの、ファンズワース邸訪問記が良いです。行きたくなります…。

モダニズム建築の真骨頂、ファンズワース邸。 - Life in America ~Chicago編

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年4月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日のいただきもの「これでよしなに」」です。

次のブログ記事は「新発売のペンタックスリコー「GR」はAPS-Cサイズのイメージセンサー搭載だ縲鰀」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。