オムロンの活動量計カロリスキャンで歩数カウント

| コメント(0)

R0016058.JPG最近とみに運動不足感が大きく、かといってなにかスポーツを始めるでもなく、最近は四十肩気味の肩も抱え、せめて毎日どのぐらい歩いているのか気になっていたので、先日歩数計を買いに行きました。最近は単純な「歩数計」(だいたい980円ぐらいのが多かった)よりも、活動量計なるものがたくさん並んでおり、どれにしようか店頭で悩み抜いた上、比較的単純な活動量計を買いました。

商品情報|活動量計 Calori Scan カロリスキャン HJA-310|オムロン ヘルスケア

基本は歩数計ですが、活動量計というのは、歩行だけでなく家事やデスクワークなどの消費カロリーもカウントしてくれるというもの。スマホと連動とかPCでデータ管理するような高級機種もありましたが、面倒くさいと使わなくなってしまうので、比較的単純なものにしました。

よくある歩数計のようにベルトに付けるというよりは、バッグやポケットに入れて測定することができます。ストラップ穴がついていて、付属のクリップのついたストラップを付ければ、ぶら下げることも可能。私は落下防止もあり、ジーンズのポケットにクリップで止めた上でポケットの中に入れています。

最初だけ、身長体重年齢を設定。朝になると勝手にカウントがクリアされて0から始まるので、あとはとにかく毎日持って歩けば良いという手軽さであります。

そこそこ歩いたなと思っても、年齢相応の代謝を計算しているのでしょうか、消費カロリーは意外と少なく、これじゃあ調子に乗って間食なんかしていたら、どんどん太ってくるよなぁというのが実感できました。これでダイエットできるかどうかはまた別ですが、カロリー消費が目安としてわかるのはいいですね。私はこれで十分です。

他社も含めていろんなタイプがピンからキリまでありましたので、興味のある方は売り場でじっくり比較検討してみてくださいませ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年4月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新発売のペンタックスリコー「GR」はAPS-Cサイズのイメージセンサー搭載だ縲鰀」です。

次のブログ記事は「初代MacBook Proが出戻り。果たして使えるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。