FLAC Playerがワイヤレス対応だというので期待したものの…

| コメント(0)

先日iOSアプリのアップデートにFLAC Playerがありました。

Load music wirelessly using SFTP.という記述があり、なにやらワイヤレス対応になったらしい。さっそく試してみました。

FLAC Player 1.4.0(¥850)App
カテゴリ: ミュージック, エンターテインメント
販売元: Dan Leehr L.L.C. - Dan Leehr L.L.C.(サイズ: 5.4 MB)
全てのバージョンの評価: (40件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Remoteloginまずは母艦のiMacのシステム環境設定で、ファイル共有とリモートログインをONにします。すべてのユーザーで接続可にしておきました。自分だけですが。


FlacshareそしてFLACファイルの入っているフォルダ(Musicフォルダの中)のファイル共有をONに。


FLAC Player 1そしてiPhoneのFLAC Playerから母艦のiMacにアクセスします。(FLACファイルを全く入れていない状態)


FLAC Player 2
Shared Serversをタップすると…


FLAC Player 3母艦のiMacの名前が出てきますので、さらに名前のところをタップ。


FLAC Player 4ログイン名とパスワード、そしてディレクトリ名を入れます。このディレクトリ名でつまづきましたが、共有するフォルダの「情報を見る…」で表示されている「場所」+/該当するフォルダ名を入れます。(私はFLACフォルダにしました。例:/Users/ユーザー名/Music/FLAC/)


FLAC Player 5うまく接続できれば、FLACフォルダの中身が見えますので、読み込むファイルを選びます。


やっとファイルを選択できたわけですが、そのままワイヤレスで再生してくれるのかと思いきや、残念ながらワイヤレスでダウンロードしてくれるだけでした。iTunes経由でファイルをiPhone/iPadに転送するよりは手間が省けるということでしょうか。しかし、Macのファイル共有を使う部分はスマートとは言えず。今ならDropboxやiCloudを使って欲しいところです。

ううむ、もうすこし頑張りましょうというところですね。そもそもiOSがFLACファイルの再生に対応してくれれば一番なのですが…。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年7月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「ローマでアモーレ」」です。

次のブログ記事は「明日は第23回参議院選挙。今回は初めて不在者投票しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。