映画「ローマでアモーレ」

| コメント(0)

あまりの暑さで、日中自宅にいられない季節がやってきました。わが家では=映画を観に行く頻度が高まる季節であります。本日はウッディ・アレン監督(そして久しぶりの出演も)の「ローマでアモーレ」を観てきました。

映画『ローマでアモーレ』公式サイト

前作の「ミッドナイト・イン・パリ」はフランスでしたが、今回はイタリアはローマが舞台。ウッディ・アレン映画のマシンガン的セリフが、イタリア語の早口なセリフと意外にマッチしておりました。

ストーリーは…あってないような、複数の恋愛にまつわるお話(と言い切れないところもありますが…)がオムニバス的にバラバラ進みます。特にそれぞれがつながっているわけではありません。でも、どれも奇想天外なお話で、ウッディ・アレンらしいコメディで楽しめました。(特にすぐ後ろにいたおばさまは終始笑っていました。)

特に娼婦役のペネロペ・クルス(なんだかカッコよかった!)と、フツーのサラリーマンが急に有名人になった役のロベルト・ベニーニがすごく良かったです。ご本人達も楽しんで演じている様子。そしてシャワーを浴びながらオペラを歌う葬儀屋のおじさまは、なんとプロのオペラ歌手だったのですね。この話はとっても面白かったのですが、ウッディ・アレンにあんなことをさせられて、プロの歌手としては大丈夫なのでしょうか。少し心配です。

久しぶりに演技していたウッディ・アレンもまだまだ元気そうだったので、もう少し映画で楽しませてくれそうです。

※私の一番好きなウッディ・アレン映画はこちら。サントラまで買いました。特に音楽が良かったんですよね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年7月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やっとGoogle MapがiPadにも対応です。」です。

次のブログ記事は「FLAC Playerがワイヤレス対応だというので期待したものの…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。