神田古本まつり 2013:イイ本が買えました!

| コメント(0)

高円寺で行われている「MY FIRST KOKESHI!〜はじめての伝統こけし〜in 高円寺フェス2013」にも行ってみたかったのですが、今年はこけしもそれなりに買いましたので見送りました。行くとどうしても欲しくなりますし。

で、いざ神保町へ。

お茶の水から歩いて青空市の東の端からスタート。のっけからことし創立50年の東洋文庫函なし400円均一で、10冊買っていたおじさんにつられてしまい、2冊買ってしまいました。

アララギお店と青空市と出たり入ったりしながら先に進み、いつも中で子規の本を眺めている八木書店に入りました。島木赤彦の棚で、背表紙に文字の無い雑誌を引っ張りだしてみたら、アララギの復刻版でした。


Tokuzan Yumotoもしかして…と思って投稿短歌のページをめくると、ありましたよ湯本禿山さん(曾祖父)の歌が。ひゃっほう!どうやら「赤光」批評号のセット2冊なので復刊されたようでした。禿山さんの歌は片方にしかありませんでしたが、片方だけ買うのも申し訳ないのでセットで買いました。そして禿山さん、のっけからお酒の歌でした。


Kokeshi Booksさい先がいいなと思いながら、いつもなにかある岩波会場へ。ここも端から端までしっかりチェックしていたら、なんと欲しかったこけしの本が!状態が良い上に相場よりだいぶ安い!!!よくぞ残っていたなぁ…とドキドキしながらお会計。鳴子の本は、すでに持っていましたが、函つきで安かったので合わせて。


今年も嬉しい本が買えました。まさに「掘り出し物横町」!

本日はもうこれで大満足でありました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年10月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013 日本シリーズモード突入」です。

次のブログ記事は「MacBook Pro (Retina):出荷案内がやっと来ました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。