初めてのKEENのシューズ「BRYCE」すっかり気に入ってます。

| コメント(0)

KEEN BRYCE秋冬シューズとして、初めてKEENのシューズを買いました。かれこれ2ヶ月かなりの頻度で履きましたが、なかなか履き心地が良くて、すっかり気に入っております。履きすぎてすでに踵がもうすり減ってきちゃいました。

最近仕事でドロドロしたところを歩くことがあり、そして普通のスニーカーでは冬場少し足が寒いので、ちょっとアウトドアなシューズが欲しいと思っていました。普段のスニーカーはNew Balance派なのですが、アウトドア系のシューズの現行ラインは個人的に今一つ。他のメーカーでいいのがないかなと、あれこれ物色していました。

最近はアウトドアブームなので、ハイキングシューズはたくさんありまして、目移りしてしまうぐらいでしたが、ハイキング用ではないのでハイカットではなく脱いだり履いたりしやすいローカット希望。

で、最終的には見た目でKEENのBRYCEに決めました。

最初はサイズを確かめたくてKEENの直営店に行きましたが、ここではあくまでショールームのようで、色は各モデル1色しかありませんでした。サイズやモデルごとの履き心地だけ確認して、他の色が欲しい場合はネットでご購入くださいとのこと。他に小田急ハルクでも1色ですが扱っていて、5%引きの優待セールを待って買ったのでした。

がっちりしているので「とても軽い」という程ではありませんが、それでも他のモデルよりは軽めのシューズ。ウォータープルーフですので、多少の雨でしたら全然平気ですし、私の足にもフィットしてくれているようです。

強いて不満点を挙げるとするならば、丸い靴ひもが緩みやすいこと。きっちり結んで締めたつもりでも、長く歩いていると緩むんですよね。これはシューズが悪いのではないので仕方ないです。丸い靴ひもは解けやすいんですよね。でも左足がよく解けてくるので、私の歩き方も悪いのかなぁ。

ちなみに…ブランドとしてKEENを選んだ最大の理由は、公式サイトの各シューズのページで、濃い色と薄い色のジーンズに合わせたコーディネートを確認できるところ。これでがぜん買う気になってしまったというのが正直なところでございます。踵がいよいよ減ってきたら、またもう1足、今度は別なカラーが欲しいな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年12月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やるきが起きずにマインスイーパ『Find Bad Tiles』にハマる。」です。

次のブログ記事は「小山力也「古本屋ツアー・イン・ジャパン」で、脳内が古本屋さんでパンパンです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。