第48回スーパーボウルは、まれにみる一方的な試合になりました。

| コメント(0)

毎年楽しみにしているNFLの頂上決戦スーパーボウル。今年も生でTV観戦することができました。応援していたシアトル・シーホークスが初優勝したのは良かったのですが、今年はまれにみる一方的な試合になってしまいました。

試合のダイジェストは、私が書くよりこちらが分かりやすいと思います。

【SB現地レポ】対照的なチーム同士の決戦は意外な展開に (NFL JAPAN) - Yahoo!ニュース

試合前の下馬評では、デンバー・ブロンコスの前評判が高かったので、接戦を期待していたのですが、キックオフ直後にボールがゴールエリアにすっぽぬけてセイフティで2点入ったりと波乱の幕開け。でもこの出来事がこの試合全体を象徴していたのかもしれません。ブロンコスは最後までチグハグで、インターセプトも2度あり、リターンタッチダウンも許すなどディフェンスのミスが多く、大差のつく原因になりました。

スーパーボウルなのだから、見ごたえのある試合を観たかったという声もありますが、スーパーボウルだからこそ、いつものような試合運びが出来なかったとも言えますね。

シアトルからは、アメリカ大陸を西から東へ横断して多くのファンが応援に来ており、試合開始早々のミスも、クラウドノイズ(シアトルの本拠地スタジアムの名物でもあります)が原因していましたから、シーホークスの勝利は、ファンの熱い応援のおかげでもありました。若きQB、2シーズン目のラッセル・ウィルソンも、今日の試合はパスが冴えていましたし、シアトルおめでとう!そしてオーナーのポール・アレンもおめでとう!やっとイチバンになれましたね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年2月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明日はNFLの第48回スーパーボウルでございます。」です。

次のブログ記事は「月刊「みすず」2014 1/2月号 読書アンケート特集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。