禿山さん(13):アララギ第3巻第6号

| コメント(0)

第3巻第6号

雑詠

 ○            湯本禿山

なく鳥ののどかにちらふさくら花まひる静かに野ゆかへる人

ほしがきによきとう柿の實なし柿實なきこともてわが罵られけり

白かねの灯静かに春の夜を琵琶ひきふけて雨もよかりき

桑の歌           志都兒 選

              湯禿山

雨過ぎて桑の和芽の伸びゆくに來む幸ふゝみ子等はげましつ

☆☆☆

朝日新聞で昨日より、夏目漱石の小説「心」の連載が始まった。明治時代の連載を復刻させたもの。毎朝読めるのがなんだかうれしい。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年4月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三菱の消しゴム付き鉛筆9852」です。

次のブログ記事は「銀座木村屋総本店のあんバター情報。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。