Photosがそんなに素晴らしいのであれば…

| コメント(0)

iPhotoとApertureの開発中止と聞いて、すこし残念な気持ちになっていたのですが、こちらの記事を読んで少し安心しました。これは前向きなこととして考えないといかんですね。

アップルにもう「Aperture」 は必要ない、世代交替のとき : ギズモード・ジャパン

私がApertureを使い始めたのは、写真が10,000枚を超えた辺りから、iPhotoが重くなったからだったという理由であり、高度処理などはほとんど使っておりませんでした。

とにかくたくさんの写真をサクサク整理できればそれで良し。Photosがどれほどのものなのか、まださっぱりわかりませんが、この記事のとおりの優れたソフトであることを期待したいと思います。

これでOS X Yosemiteの登場がさらに楽しみになってきました!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年7月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SIMフリーのiPadシリーズとカメラも搭載のiPod touch本日発売。」です。

次のブログ記事は「シーズン途中ではありますが、パ・リーグTVに加入。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。