ユリイカ 2014年8月臨時増刊号 総特集シャーロック・ホームズ

| コメント(0)
シャーロック・ホームズは、小学校の図書館にあったポプラ社の児童向け(ルパンよりもホームズ派だった)からスタートし、高校の頃ぐらいまでに全部読んだと思います。考えてみれば、エラリー・クイーンとかアガサ・クリスティなどのミステリーも、高校の時に読みましたねぇ。いつ読んでたのかなぁ。

もちろんBBCの海外ドラマ「シャーロック」も、毎シリーズ楽しみにして観ています。カンバーバッチいいですよねぇ。初めて観た時はその斬新なホームズドラマに衝撃でした。

ということで、このユリイカの特集本でございます。表紙はもちろん(?)カンバーバッチ。

ボリュームとしては、ドラマの「シャーロック」の比率が高いのですが、シャーロッキアンとして有名な東山あかねさんの対談や文章もあり、巻末には原作のチェックリストもあり、コナン・ドイルの原作にも興味が持てる内容になっています。

ドラマが面白いので、数々のドラマ礼賛は当然として、先の東山あかねさん、無くなられた夫の小林司さん(もちろんシャーロッキアン)のご夫婦の娘さんである小林恵里加さんの「わが家のシャーロック・ホームズ狂想曲」という話にクスリとさせられました。筋金入りのシャーロッキアンのご家庭ですから、やはり尋常ではありませんな。

何年か前に、こちらの光文社文庫版がシャーロック・ホームズの「決定版」みたいな記事を読み、読み直すならこれかなと思ってはや数年。なかなか読み直すきっかけが無いままでおります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年7月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レコードの売上げは伸びているようですが、本はどうなるのか?」です。

次のブログ記事は「近ごろはオーディオ女子も増えてきたそうですよ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。