ポケミス「特捜部Q 知りすぎたマルコ」

| コメント(0)
「特捜部Q」は、ユッシ・エーズラ・オールスンというデンマークの作家の警察小説。最初の話からずっと読んでいてこれはシリーズの第5作になります。

今回はタイトルにもあるマルコという少年が事件の鍵ではあるのですが、少年がとにかく最後まで逃げ回るのです。読者は、一刻も早く特捜部Qたちの元に逃げて欲しいと思っているのですが、話はなかなかそううまくいきません。

そんな本筋と平行して、特捜部Qのメンバーであるなぞの中東人アサドの秘密もまた少しわかるのですが、そうはいってもまだまだ過去の秘密はわからないまま。主人公カールの同僚であり事故で寝たきりの同居人ハーディが、ほんの少し体を動かせるようになってきたりと、カールの周りのエピソードは、少しずつしか進みません。

ということはこのシリーズ、まだまだ先があるということです。読者としては楽しみが残っていいですけどね。

そして、この本の帯によると、デンマークで映画化された小説第1作「特捜部Q―檻の中の女―」が、日本でも公開されるようです。予告のトレイラーをみると、思ったより主人公のカール・マークがいい男ですね。アサドはもっとチビっこいイメージだったけどなぁ。これまた楽しみであります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年8月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「黄金のメロディ マッスルショールズ」」です。

次のブログ記事は「庄野潤三「親子の時間」〜なんとも素敵なご家族!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。