祝!キューバ・アメリカ国交正常化

| コメント(0)

今どき、キューバがテロ支援国家ってやはり無理があると思っていました。これは共和党にはできない決断ですし、フィデルファンとしては大歓迎でございますよ。キューバ国民の生活が少し良くなるといいですね。

米キューバ:オバマ大統領 半世紀の孤立政策「失敗だ」 - 毎日新聞
キューバとの国交正常化に向け、アメリカが交渉開始へ 背景に何があったのか

キューバが民主的な国家になってからだとおっしゃる共和党の議員もいるようですが、だったら中国とも国交断絶しないとスジが通らないのでは?イスラエルのほうがよっぽど危険国家に見えます。

特にアメリカ国民は、政府から「キューバは悪い国」と長年に渡ってすり込まれているようですから、そんな状況であることそのものが、実はどうかしてるとずっと思っておりました。

ただ、フィデル(カストロ兄)がまだ生きているうちにこうなるとはびっくりしました。ちなみに私はゲバラよりフィデルのほうが好きです。ラウル(カストロ弟)は論外です。

しかも…こんな新刊が出てたのか。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年12月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ふるさと納税の領収書が届きました。そして特産品がどんどん追加されております!」です。

次のブログ記事は「本屋図鑑編集部編「本屋会議」:街の本屋派が増えることを願う!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。