[読書]年末は惰性ながら恒例のコーンウェルとビブリアで。

| コメント(0)
このところ、毎年年末読書はコーンウェルの検死官シリーズの新作と相場が決まっています。もう21作目のこのシリーズ。このブログを始めるずっと前から続いていて、このところは毎年年末に新作が出版されるのです。 毎回ブツブツ言っていますが、このところは必ず上下2巻でる上、今回は2冊で2,500円以上もするため、下手な単行本よりも高くつくので閉口していますが、それでもここまできたらシリーズは絶やさず読まなければという義務感のみで読み続けています。 同じく義務感と言えば…
同じく年末に、ライトノベルの大ヒットシリーズ「ビブリア古書堂の事件手帖」の第6作も発売されました。これも、毎回申しておりますが「古書がらみ」ということで義務感で読んでいるのですが、古書ネタは良いのだけれど、どうも話の展開に不満あり。しかしながら前述の検死官シリーズに比べれば3分の1以下の価格ですから、コストパフォーマンスは高いのかも。 さて、検死官の続きを読みますか。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年12月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年を振り返る:2014年に満足度の高かったお買い物3つ。」です。

次のブログ記事は「本日のいただきもの:京都市動物園の信三郎帆布製トートバッグ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。