石巻一箱古本市2015:こんな箱を石巻に送りました。

| コメント(0)

https://farm1.staticflickr.com/298/19318603484_13fe0e1713_m.jpgいよいよ明後日7月25日(土)、石巻一箱古本市2015の開催であります。

いつもの箱に本を詰め、石巻へ発送が完了いたしました。主な出品本は写真の通りでございます。

結果的に宣伝文の通りになり、みちのく&理系テイストとなりました。この他新書・文庫もございます。いつも小説はほとんど無いのですが、奇しくもあの芥川賞作家さんの本(amazon品切れ中!)もご用意しておりますよ。

先日申し上げました通り、私は寿町通りの「パナックけいてい」さんの元々の店舗前で出店いたします。いわゆるサルコヤとカシワヤの間の道を立町から少し進んだところです。現在はピースボートの事務所があるあたりですね。

ちなみに、パナックけいていさんは「㈱佐藤兄弟商会」と言いまして、石巻で一番古い電気屋さんだそうです。当日はそのけいていさんのお店の中で詩の朗読会もあるそうです。

当日の店主さん一覧はこちらで…
【一箱店主発表】石巻一箱古本市2015 in STAND UP WEEK | 石巻 まちの本棚

当日は、石巻市内・宮城県内のみならず、私のように県外からも集まる店主さんが、個性的な本を持ってきてくれると思います。私もよその箱を拝見するのがとても楽しみです。○マト屋さんや○港堂ではお目にかかれない本が、きっとたくさんあると思います。ぜひ「全部の箱をまわる」ことをオススメいたします。

他にも、千駄木の新刊本屋さん「往来堂」の出張出店や、同じく千駄木の出版社「羽鳥書店」の直販、詩朗読(けいていさんのお店!)や、イラストレーターさんの限定ショップなどもありますよ。

本日次点では天気予報の雨マークは無くなったようで、台風はまだ来ないようですね。歩くのには曇りぐらいが涼しくて良いのですが、とにかく雨が降りませんように!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年7月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Appleの2015第3四半期決算発表:今期も上々ですか。」です。

次のブログ記事は「石巻一箱古本市2015:くものす洞の一日。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。