本日の幸福:木村衣有子「はじまりのコップ―左藤吹きガラス工房奮闘記」

| コメント(0)
先日石巻に行ったときに買うつもりでいて買い損ね、ひそかに悔しい思いをしていた本です。その前に観慶丸本店&カンケイマルラボに行ったときに、この本のことを知ったのですが、本店で売っているものと勘違いし、お店に無かったので売りきれてしまったのかと思っていました。お店で聞けば良かったなぁ。

しかし…です、ちゃんと幸福書房にありましたよ。しかも複数冊。

この本は、左藤吹きガラス工房の左藤さんの手仕事のお話。確かに観慶丸さんに似合う本ですね。たぶん読み終わるとコップも欲しくなると思うので、次に帰省したときに狙います。

普通の日の吹きガラス。左藤吹きガラス工房。

他にも近刊で欲しかった、西山雅子「“ひとり出版社”という働きかた」と北條一浩 「私のブックストア(文庫)」もちゃんとありました。

「私のブックストア」は単行本でも読みましたが、幸福書房さんも紹介されていますからね。

本を読みたいというよりは、本が買いたくてしょうがなかったこの数日。で、今回も欲しい本がちゃんと置いてあって幸福になれましたの巻でした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年7月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今、欲しいもの:B&W P5 Wireless」です。

次のブログ記事は「大家さんちのミンミンゼミ鳴く。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。