「病牀六尺」正岡子規はやっぱり元祖ブロガーだ。

| コメント(0)

風呂読書ではありますが、おそらく30年ぶりに正岡子規の「病牀六尺」を読み終わりました。

口述筆記になっていたとはいえ、亡くなる2日前まで、この新聞連載の原稿を作っていたことに、あらためて驚かされます。そして本職(?)の俳句のことのみならず、食べ物・写生・活動写真・動物園の動物のこと…などなど、最後までたくさんのことに興味を持ち続け、それを多くの弟子たちがそれを支えてくれていました。

以前も書いたことがあるような気がしますが、今ならブロガーですよね。尊敬します!

子規の作品は著作権が切れていますので、無料で読めます。興味のある方は是非。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年6月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Keynote Bingo WWDC 2016版・Fortune 500でアップル3位浮上。」です。

次のブログ記事は「結局Kindle版で読むことにした「ポーの一族」最新版。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。