iPhone 7:ジェットブラックにTPUのクリアケースを試してみたが…

| コメント(0)

iPhone 7 クリアケースに入れてみたiPhone 7のジェットブラックを入手してから、ずっとApple純正のレザーカバーを付けていました。でもせっかくだから、ジェットブラックの美しさを感じたい。でも裸で使うのはやっぱり怖い。

こんな記事も読んでしまいましたし…
Here’s how the Jet Black iPhone 7 finish holds up without a case [Gallery] | 9to5Mac

そこで、先日iPhone 7購入時に貯まったヨドバシのポイントの範囲で、クリアなケースを買ってみることにしました。店頭で散々悩んだ末、TPU素材のMSソリューションズの極薄ソフトケース「ZERO ULTRA SLIM CASE SOFT」に決定。1,070円でした。

ポリカーボネート素材のハードもありましたが、ソフトの方がグリップ感がありそうなのと、柔らかいので取り外しも楽そうだったのでTPU素材のソフトにしました。TPUは経年で透明なものが黄ばんでくるという話もあり、まあ消耗品のつもりでお試しです。

iPhone 7 クリアケースに入れてみた装着してみますと、ジェットブラックにありがちな、背面にケースがまだらに貼りついてしまうようなことはありませんでした。スピーカーの穴まできちんと12個空いていて、ぴったりはまります。カメラの出っ張りも、本当にギリギリのラインで出っ張らないようになっていました。


iPhone 7 クリアケースに入れてみた一見問題なさそうなのですが、クリアとはいえ、やはりカバーをつけてしまうとジェットブラックの質感の良さが失われてしまいます。


iPhone 7 クリアケースに入れてみたさらに、背面をよくよくみると、ケースの内側に微細なドットの加工がしてあるため、ジェットブラックの背中に貼り付かなくはなるのですが、見た目のピアノブラックなツルっとした感じが無くなり、普通のブラックとあまり差が無くなってしまいます。うーむ、いかんなぁ。


本当はバンパーのような縁だけのタイプを試したかったのですが、店頭にはアルミのタイプのバンパーしかありませんでした。iPhone 4の頃のような純正バンパーがあればなぁ。本当は裸のまま使いたいのですが勇気がありません。でも今度1日試してみようかなぁ。いや、やっぱり怖いなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年10月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「くみこさんのうちもやっと光。」です。

次のブログ記事は「好きだ好きだと言っているとの「いただきもの」。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。