みずのわ出版さんから「花森安治装釘集成」届く。

| コメント(0)

「花森安治装幀集」以前、林哲夫さんのブログで出版を知り、みずのわ出版さんに直接予約注文していた、唐澤平吉・南陀楼綾繁・林哲夫 編「花森安治装釘集成」が届きました。

どうも包みがボコボコしてるなと思ったら、「おまけ」で本が1冊(奥の本)入っていました。注文していない本が届いたかと思い、ちょっとびっくりしました。


「花森安治装幀集」暮しの手帖の表紙などは、展覧会などでよく見かけますが、そのほかの書籍の装丁(この本では「装釘」)はあまり見たことがありませんでしたので、眺めているだけて楽しいです。特に書き文字や、パターンを使ったりしたデザインが好きなんですよねぇ。こんな本たちが自分のコレクションだったら素敵だなぁ。しかし、本で並べたら大変なことになるので、この装釘集1冊で十分満足です。

帯には「一冊の本というものは、著者と装釘者と印刷者の共同作品である。」という花森安治の言葉が、カラフルに印刷されております。この本も、まさにこの言葉通りの共同作品ではないでしょうか。大事にします!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年11月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(今更ですが…)岸選手、東北楽天ゴールデンイーグルスへようこそ!」です。

次のブログ記事は「App Storeで半額になっていた「Pixelmator」を買ってしまう。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。