POPEYE 2017年9月号「君の街から、本屋が消えたら大変だ!」で里心がつく。

| コメント(0)
雑誌「POPEYE」の最新号は「君の街から、本屋が消えたら大変だ!」特集。しかし私はこれをコンビニで買いました。情けないですなぁ。

本屋さん、古本屋さんがこれでもかこれでもかと続きます。いいなぁ、いいなぁ、行きたいなぁ。と思いながらページをめくっておりました。こうなるとやはり東京に里心が…。(東京の本屋さんばかりではないんですが)

でもやっぱり本屋であればなんでも良いわけではないというのは、今の近所の本屋さんをみてつくづく感じております。いや、東京に住んでいる時だって、かつて一番近所にあった本屋さんはイマイチでした。

やはりどんなお店でも言えることですが、品揃え…ですよね。小さいお店でも品揃えがよければ通いますから。

企画の1つ、ブックパッキングの旅では、旅先で本屋を目指して本も買う企画ですが、さすがマガジンハウス、買う本がイケていてこの企画が一番面白かったかな。

イマドキな本屋さんばかりでなく、神保町パーフェクトガイドもあります。うーん、本屋さんというよりは古書店めぐりがしたくなりました…。くぅ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年8月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KEENのシューズ「ジャスパー」は柔らかい履き心地で好印象!」です。

次のブログ記事は「ツクツクボウシ初鳴き(石巻市)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。