橋本倫史「ドライブイン探訪」マツコの知らない世界でも!

| コメント(0)
著者の橋本さんが、自分で作っていたドライブインに関するミニコミ誌の内容を中心にまとめたものです。ちょうど読み終わったタイミングで、「マツコの知らない世界」で橋本さんが「ドライブインの世界」で出演しているのを拝見したところです。

実際に本に登場するドライブインのいくつかを映像でみることができて良かった!


タイトルからして、昭和ブームにのった、いろんなドライブインの紹介本かなと思って読み始めたのですがさにあらず。ドライブインそれぞれのお店の家族の話が中心でした。いわばヒューマンドラマです。

ドライブインという商売は、モータリゼーションの草創期にできた商売ですから歴史は浅いわけで、みなさん道路ができるとともに新規参入。それでも、新しい道路ができたり、ドライブを楽しむ時代ではなくなったりで、お客様の数は少なくなってしまったけれど、古くからのお客さんや地元の方々に支えられて続けているお店ばかりでした。地元に愛されるということがポインかもしれないです。

店主のみなさんも、ご高齢であったり、ご主人を亡くされて1人できりもりしている方も多いのですが、時代が移り変わってしまった今でも続けていらっしゃるということは、それぞれになにかあるのでしょうね…。昔は本当に忙しかった…というお店ばかりだったのも印象的です。

ドライブインは車社会の産物ではありますが、その車社会の移り変わりにも大きく左右されます。新しい道路ができると旧道は通行量がガクンと減り、人(車?)の流れが一気に変わってしまいます。ドライブインばかりの話ではありませんが、商売を続けるのも本当に大変です。そんなところも気になりました。

で、テレビで実際のドライブインも拝見したりすると、なんだか急にどこかのドライブインに行ってみたくなりました。もうドライブインなんて何年も行ってなかったなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年4月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不忍の第21回一箱古本市に参加します!」です。

次のブログ記事は「今日は寒かった〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。