「AIの父」アラン・チューリング氏が紙幣の肖像に!

| コメント(0)

英国のイングランド銀行すごいですね。第二次世界大戦中に、ナチスの暗号を解いたアラン・チューリング氏が紙幣になるそうです。

「AIの父」アラン・チューリング氏、新50ポンド紙幣の肖像に - CNET Japan


アラン・チューリングといえば、映画「イミテーションゲーム」。カンバーバッチ狙いで行ったけれど、チューリングという人物もとても興味深く、また改めて鑑賞したいところです。

映画「イミテーションゲーム」カンバーバッチが良し。 - now and then

日本の次の紙幣は「渋沢栄一」「津田梅子」「北里柴三郎」。小学校にある伝記本に出てくるようなスタンダードな人物チョイス。樋口一葉以来、女性が必ず1人入るようになっただけでも進歩でしょうかね。私、樋口一葉の5000円札が大好きなので、無くなってしまうのが残念であります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年7月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2:1年半でゲル吸盤剥がれる。」です。

次のブログ記事は「明日は第8回石巻一箱古本市!こんな箱で出します。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。