「野呂邦暢 古本屋写真集」(ちくま文庫):また行きたいなぁの気持ち。

| コメント(0)

2つの古本屋写真集

岡崎武志さんや古ツア(古本屋ツアー・イン・ジャパン)さんのブログで、ちくま文庫として発売されることを知りました。西荻窪の古書店、盛林堂書房から出た元本も持っていますが、野呂邦暢のエッセイや、編者のお二人の対談が追加になっていると聞き、発売を楽しみに待っていました。そうでした、元本が出た頃はまだ東京にいたので、盛林堂に行って買ってきたんだっけ…。

「野呂邦暢古本屋写真集」40年前の古本屋さんを眺める。 - now and then


文庫サイズになったので、写真は小さくなってしまいましたが、それでも新たな気持ちで写真を眺め、野呂邦暢の古本エッセイ、そして岡崎武志さんと古ツアさんの対談と、楽しく読ませていただきました。

追加された古本エッセイもとても良かったのですが、やはり巻末の編者のお二人の対談が楽しかった。その中で、野呂は自分で撮影した写真を、故郷の諌早で時々眺めては、また行きたいなぁと思っていたのでは?…という話題がありました。いや今になってみれば私もよーくわかります。私もそんな気持ちでこの文庫の写真を眺めていました。

あー、古本屋さんめぐりしたいなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

花一つ一つ虻もつ葵かな

くものす洞広告

このブログ記事について

このページは、raizoが2021年11月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石巻市博物館に行ってきました。毛利コレクションはやっぱりスゴイ。」です。

次のブログ記事は「ピクミンブルームその後…Apple Watch対応になるといいなぁ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。