今年は小津安二郎生誕100年

今年は映画監督小津安二郎の生誕100年なんです。この秋にはNHKのBSでもトーキー作品も含めて放映予定ですし、フィルムセンターでも「全作品」の上映予定なので、今からとても楽しみにしています。まとまった形で見るのはかなり久しぶり...。
小津安二郎生誕100年記念
やっぱりあの妙にお上品でゆったりした時の流れがなんとも言えず良いのです。あの布地の上にのったタイトル(これも見てもらわないと伝わらないか...)が出てきただけで、おおっ始まるぞ〜とわくわくします。佐分利信とか佐田啓二などの昔の男優さんも大好き。岡田茉莉子や有馬稲子の若い頃もステキです。

これにあわせてDVD Boxが4つも出るのですが、今回はとりあえず様子見です。クロサワBoxよりはこっちの方が絶対に欲しいのですが、年内に4Boxそろえるなんてこの経済状況だと厳しい...。デジカメも買っちゃったし、「StarTrek DS9」の第2シーズンのBoxも欲しいし、「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のDVDも出るし...。厳しいっス。

トラックバック(1)

小津安二郎生誕100年記念1958年「東京物語」がロンドン国際映画祭でサザーランド賞を受賞したのを機に、海外でも注目 を浴びるようになる。同年には紫綬褒章、翌1959年には芸術院賞を受... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年8月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Dimage X20を買いました...」です。

次のブログ記事は「PatagoniaのVertical Mass Bag」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。