文房具と旅をしよう

文房具と旅をしよう
このところ文房具がマイブーム。ということで「文房具と旅をしよう」を読みました。

スコスというステーショナリー・カフェのお2人が、ヨーロッパへ文具探しの旅へ行くお話です。なぜか不忍池の「鴨ライフ」のおまけ付。いま、ちょっとした北欧デザインがブームなので、北欧のステーショナリーもいいですねぇ。本郷のこのカフェにもいつか行ってみようと思っています。

旅をするのに心掛けたことは、 1,高いところに上る。 2,たくさん歩く。 3,スーパーマーケットに入る。 4,おいしいモノを食べる。 この4点を心がけていればきっと楽しい旅行になります。
というフレーズが帯になっていました。「高いところに上る。」っていうのはあまりしたことないかも。

ちなみにこの本はブルースインターアクションズ社刊。つい最近まで毎号買っていたブラックミュージックの雑誌bmr(Black Music Review)の出版元でもあります。bmrはちょっとラップのボリュームが増えてしまったので買うのはやめてしまったんです。思わぬところで出会うものですね。

トラックバック(1)

本郷にあるscos stationery's cafeに行きました。昨年末のエントリーでご紹介したこちらの本のお店です。 私は名前からして、てっきりカフェが併設されている輸入文具店かと勝手に想像して�... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年12月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PorterのiPodケース...白にしました」です。

次のブログ記事は「銀座Store効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。