「パソコン批評」が休刊

| コメント(0)

マイクロマガジン社の「パソコン批評」が、現在発売中の4月号で休刊です。ということで今号の特集は「パソコン批評は必要だったのか!」でした。私の乏しいWindows & PC情報は、主にこの雑誌で得ていたようなところもあります。

メーカーの広告のための「ちょうちん記事」に類する記事は掲載しない...というスタンスで続けてきたこの雑誌、個性的なライターの皆さんの記事も、楽しく読ませていただいておりました。読み始めたのは4〜5年ほど前からでしょうか。

「ポイントカードの男」(日本を訪れるツアー客の買い物が、自分のポイントとしてたまっていく人の話)という連載が気になっていたのですが、盛り上がりをみないまま終わってしまってちょっと残念です。

冒頭の藤本裕之氏のフロントコラム「Greeting From Snake Hole」では「冷蔵庫批評」や「電子レンジ通信」はなくても、クルマやカメラなどの趣味の雑誌は健在であるということは、パソコン雑誌が売れなくなってきたのは、パソコンが「家電」となるほど一般化したということだという説が。

なぜかこの「説」は島本和彦の「炎の転校生」のサブキャラ「伊吹三郎」が語っているモノ(もちろん冗談ですが)として書かれています。このマンガ、実はとても好きだったんですよね。懐かしい。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年3月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CyperShot U-10 オリジナルケース?」です。

次のブログ記事は「パソコンとの出会い〜NEC PC-8001」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。