「東京原発」見ました

| コメント(0)

以前のエントリーでご紹介した「東京原発」を新宿武蔵野館で鑑賞。こちらは日曜日だったのでほぼ満席。若い人から年配の方まで年齢層は幅広かったと思います。

宣伝などから勝手に想像して「暴走する都知事」中心の話なのかなと思いきや...

これはある種の「原子力発電を考え直す啓蒙映画」でした。日本の原子力発電政策の今が、映画の中でかなり詳しく説明されています。都庁の会議室内での説明的な部分が少し退屈に感じられましたが、説明そのものはわかりやすかったと思います。

東京都の局長さん役の役者さん達が、コミカルにそれぞれの味を出しています。よく考えてみれば、地味なテーマの割には俳優が豪華ですね。特に岸辺一徳が一番笑いをとっていました。

映画のエンディングに役所広司が「世界で一番無関心な東京都民」と言い放つところがあり、本当に言いたかったのはここだったのかも。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年4月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「The Startup Sequence〜Mac起動音」です。

次のブログ記事は「MacにやっとMS Pフォントが...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。