UKの人でもそうなんですね...iTMS

元のエントリーはPowerBookにメモリを1G以上積んでいるとAirMacに問題が出るようだ...というお話しでしたが、そのなかのこのあたりの記事が気になりました。

nobilog2
そうそう、何人かUKの人と話したけれど(パリの人とも話したけれど)、iTunes Music Store Europeの感想の第1声はほとんどの人が「買う曲がない!」というものでした。やはり、ヨーロッパの音楽業界も保守的過ぎる気がする。
フランスやドイツは確かにアメリカ音楽を好まない人も(特に最近は)多いかもしれないなとは思いましたが、同じ英語圏のイギリスでもそうなのですね。そのままアメリカを持ち込むというのは、ヨーロッパではなかなか難しいのかな?

そういった意味で、アメリカ至上主義の日本はiTMSにとって良い市場ではないでしょうか。かくいう私も「買いたい曲があるのに買えない!」

トラックバック(1)

「now and then」さん『UKの人でもそうなんですね...iTMS』経由、 「nobilog2」さん『PowerBook & AIrMac問題ー原因はこれかも?』 昨日サービス開始が発表されたiTMS欧州ですが、サービス開始早々ですがこんな話も出ているようで・・・ iTunes Music Store Europeの感想... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年6月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英国・フランス・ドイツでiTunes Music Store」です。

次のブログ記事は「"日本版iTunes Music StoreがMora並みの制限でもオープンするべきか"...アンケート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。