Apple福袋の大あたりはiMac G5...そしてお正月

お正月三が日もあっという間におしまいです。そんな中、私も気になっていたApple Store銀座&心斎橋の福袋「ニュー・イヤー・バッグ」の中身がゾクゾクと報告されております。

iPodのある生活: Apple 福袋の中身→2chからの抜粋
(トラックバックありがとうございます。)
so sweet so lonely:Apple ニュー・イヤー・バッグ→iPod 40G他
Modern Syntax: Apple StoreのLucky Bag争奪記→iPod mini他
Crescent Tears:Lucky Bag@Apple Store→iPod 40G他
THE ROAD AHEAD:Lucky Bagの中身→iPod mini他

両店で1つずつのラッキーさん(大当たり)は「iMac G5」だったそうです。自分で買ったばかりだから、いいなぁ〜というほどでもナシ。やはりiPod miniが入っていると、がっかりするというパターンだったようですね。皆様寒い中お疲れ様でした。いつか私もAppleの福袋買ってみたい...とも思うのですが、昔から福袋はあまり買わないヒトなのです。

一方、Mac OS 9以下をお使いの方、3が日のMacintoshからのご挨拶をご覧になりましたか?
久美子さんも、お正月の朝から「Macちゃん、Macちゃん」と言いながらいそいそとiBook(初代タンジェリン〜結局5年目に突入)を開き出したので、不思議に思っていたら、Macintoshの「あけましておめでとう」の挨拶を見たかったようです。うっかり前日からスリープにしたままでしたので、スリープを解除しても何も起こらず、一瞬がっかりしていましたが、再起動してあげたらちゃんとメッセージが出てきたので喜んでいました。ちゃんと覚えてたんですね。私の方が忘れていました。

どんなメッセージが出てくるのかはこちらをご参照下さい。私もOS Xではやっぱり出ないのかなぁ...と、毎年確認してしまいます。久美子さんのように楽しみにしている人たちもたくさんいますので、私も復活の方向に一票!
PLAY WORDS:わかっちゃいるけど…

さらに...1日に放映していたNHKシルクロートの前夜祭番組「プロローグ 25年目のシルクロード」で、かつてのシルクロードに登場したゆかりの人々を訪ねる企画があったのですが、かつての映像を現地で当人に見せるプレーヤーとしてPowerBookシリーズ(機種不明)が使われていました。なるほど、そういう使い方もありますね。

トラックバック(1)

PowerMacG5用 HDD 拡張セット販売開始!これでG5を大容量マシンに!! PowerMacG5 DualCore PCI-Express モデ... 続きを読む

コメント(2)

>かつての映像を現地で当人に見せるプレーヤーとしてPowerBookシリーズ

暮に民放で放映していた高遠菜穂子さんの現在の活動を伝えるドキュメンタリーで、高遠さんがアンマンの現地の人とDVD(ファルージャの現状を撮影したものが入手できた)をみていたのがiBookでしたね。
こちらも見ていてなるほどと思いました。

ちょっと前までは、デジカメ画像を簡単にカタログ化して大量に持ち歩けるというだけで、世の中変わったと思いましたが、HDD大容量化&圧縮技術向上により、高画質の動画を大量に持ち歩いたり、DVDに自分で焼いたりするのがあたりまえの時代になってしまいました。

動画が落ち着くと次はいったいどんなことになるのでしょうね...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年1月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コーンウェル「痕跡」読了」です。

次のブログ記事は「新しいXserveと現行機種値下げ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。