コーンウェル「痕跡」読了

痕跡 (上)痕跡 (下)
パトリシア・コーンウェルの「検死官」シリーズ痕跡 (上)痕跡 (下)をお正月に読了。今回は前回の「黒蠅」から1年あまりでもう新刊が出たわけですね。

翻訳者である相原さんのあとがきには、何度も浮上して消えている映画化の話がまた出ているようです。4作目「真犯人」だそうです。主人公ケイ・スカーペッタは「ジョディ・フォスター」が演じるとか!彼女がもっと若かったら、絶対にルーシーですよね。
(以下、ネタバレあり)

前回はラストでベントンが生き返ってびっくりさせられましたが、今回は古巣リッチモンドが舞台。たいした読書家でもないのに辛口なことばかり言ってますが、ちょっと犯人とその動機の描き方につっこみが足りなかったような気がしました。病気だからルーシーを恨むのも仕方ないのかもしれないけれど...病気ですまされちゃうとどうもしっくりしません。でもこれはスカーペッタと仲間達の物語として、マリーノとスカーペッタの関係、スカーペッタとベントンの関係、ルーシーとベントンの関係...などなど、実質前回から復活した登場人物達の現状の人間関係をきちんと整理するためのお話だったようにも思います。

果たして次回スカーペッタはリッチモンドに戻って検死局長に返り咲くことができるのか?

...ということで、仲間内でスカーペッタの飲んでいたお酒が話題になったりしたので、ちょっとこの本も気になりました。

パトリシア・コーンウェルの食卓
パトリシア コーンウェル マーリン ブラウン 相原 真理子


おすすめ平均 
ケイがより身近に!
食べてみたくて、買いました

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

トラックバック(2)

raizoさんのnow and then より now and then: コー... 続きを読む

Curiosity-It's my style - 『痕跡-上下』 (2005年1月15日 17:58)

【タイトル】『痕跡-上下』 【お勧め度】★★☆☆☆ 【ストーリー概説】5年前に辞めた検屍局から協力の要請を受けたスカーペッタ。ベントンと姪ルーシーの忠告を聞かず... 続きを読む

コメント(2)

コメントいただきましてありがとうございました。
私はこの小説を読むときには
スカーペッタ=コーンウェル
マリーノ=ビバリーヒルズコップに出てくる太って禿げた刑事
ベントン=最近007やってる人
をそれぞれ思い浮かべつつ読んでました。
ずーっとその思い込みで読んでいたので、まあスカーペッタは女優さんがやるにしても、マリーノで違う人が出てきたら『その人じゃない』って言ってしまいそうです。

最近の007というと...ビアーズ・ブロズナンですね。ちょっとおちゃめなベントンになりそう!

シリーズ物は長いおつきあいになるし、読者それぞれがそれなりに固まったイメージを持っているので、配役も苦労しそうですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年1月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「妖怪花あそびと水木しげる展」です。

次のブログ記事は「Apple福袋の大あたりはiMac G5...そしてお正月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。