国博の特別陳列「万国郵便切手」

| コメント(0)

ドイツ切手先日、上野公園を歩いていて、公園内の催物案内に気になるお知らせが...。

6月14日から7月24日まで、東京国立博物館の平成館で「万国郵便切手」という特集陳列が予定されているようです。当時に7月16日には「デザインから見る切手の世界」と題する講演会も予定されています。

ちなみに、写真はこの特別展とは関係ありませんです。最近入手したドイツのバウハウスの切手。縦横どちらが正しい方向なのか...正直言ってわかりません。

「万国郵便切手」と言ってもどんなものが陳列されるのでしょう?展示リストには「マリア・テレジア」(オーストリア1908)「電気自動車」(アメリカ1901)「慈愛の象徴」(現オーストラリア1897)とだけ書かれていて、100年ぐらい前のものが並べられることは確かですね。

現在開催中のベルリンの至宝展や、科博の恐竜展に比べるとかなり地味な展示ですが、国博は常設展示がリニューアルされてからはまだ行っていませんし、個人的には要チェックです。
参考→now and then: 東京国立博物館を満喫

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年5月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「PLUTO」手塚治虫文化賞受賞!」です。

次のブログ記事は「吾妻ひでお氏、漫画家協会賞大賞受賞!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。