PAPER SKY NO.13

| コメント(0)

Paper Sky no.13PAPER SKYという雑誌を初めて買いました。「地上で読む機内誌」というのがキャッチフレーズ。今出ているのはNO.13です。ポルトガルのワインの旅がメインでしたが、そのほかポルトガルの旅ガイド、旅する風景画家吉田博の木版画、今話題の徳島県上勝町の「彩り」事業、そしてちょっとした雑貨の話題など。

Paper SkyをAmazonで買うならこちら→Paper sky (No.13)

この雑誌と連動し、同じテーマを異なるメディアで伝えるというこんなサイトもありました→World Event Village

先日ご紹介した「北欧のかわいいデザインたち」のイベントを共催しているBOOK246は、このPAPER SKYがプロデュースしているお店です。店内には旅行や海外に関する本及び古本、そして雑貨が並んでいます。

PAPER SKYでは、Porterとダブルネームのバッグやパスポートケースなども販売。サイトで通販もしていますが、BOOKS246でも売ってました。次なるオリジナルプロダクトはPorterのモールスキン「レポーター」用の専用ケース、しかもフランスのペンブランド「Recife」製のボールペン付だそうです。これも気になります。

お店の方では、スイスのFREITAGの各種バッグもたくさん扱っていました。初めて見ましたが、ちょっとヘビーだけど面白そうですね。PowerBook&iBook専用サイズの「STAR TEK」シリーズもありました。12インチ用から17インチ用までアリ。トラックの幌の家根部分をリサイクルした素材のため、最初からかなり汚れ処理(というか最初から汚れている?)された素材。これがなかなか味があります。もう少し安ければなぁ。
ラップトップケース

そしてたまたま本日、電車の中でFREITAGのメッセンジャーバッグを下げているカタカナ職業風の青年に目の前で遭遇。さりげないけれどあれが高いんだよな...などど思ってジロジロ見てしまいました。「バッグ」を...です。

こちらはFREITAGをオンラインで扱っているバイクショップ。
(小振りのメッセンジャーバッグは「女性におすすめ」になってます。)
FREITAG (フライターグ) - 【 guava-jelly 】

...で、こちらは楽天で購入できるトートバッグ。
FREITAG DONNA グレイ×イェローFREITAG DONNA グレイ×イェロー

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年5月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Cath Kidstonのカサ」です。

次のブログ記事は「「植草甚一スタイル」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。