「一日江戸人」

4101149178一日江戸人
杉浦 日向子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
日暮らし」読了です。弓之助さん、おでこさん、ごくろうさまでした。このところ、頭の中がお江戸になっています。

ぼんくらと日暮らしの間に読んでいたのがコレ。江戸に興味のある方はこちらもオススメです。漫画家でもある著者の楽しいイラスト付で、リアルな江戸の風俗が楽しめます。

実は宮部みゆきの著書を初めて読んだのは「平成お徒歩日記」という邪道な私です。こちらはご本人が現代の「江戸」を実際にあるいて回る企画モノです。江戸アルキに興味のある方は是非!

4101369216平成お徒歩日記
宮部 みゆき


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック(1)

積読本を一掃するつもりが予定の半分にも至らず。 いずれの本も、さらっとナナメ読みするには惜しい面白さ。 「お江戸でござる」の解説で人気を博していた杉浦日... 続きを読む

コメント(4)

杉浦日向子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

今日のニュースをみてびっくりしました。
まだ若かったのに...残念です。
江戸の伝道師としてまだまだ活躍してもらいたかったですね。

「一日江戸人」楽しく読みました!
とりあえず、江戸っ子らしく
蕎麦を食べることが直近の目標・・・
です。

「平成お徒歩日記」も面白そうですね!!!
トラバさせていただきます☆

itoさん、コメント&TBありがとうございます。

私はこのあと「もっとそば屋で憩う」を買いました。
続編かとおもったら「そば屋で憩う」のリニューアル版でしたが
新しい情報も加わっています。

これからは「蕎麦」ですね!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年6月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仙台の牛タンとAppleStore仙台予想」です。

次のブログ記事は「STATIONERY magazine No.001」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。