「南極越冬記」

| コメント(0)


南極越冬記
南極越冬記
posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.12
西堀 栄三郎
岩波書店 (1979)
通常2??3日以内に発送します。

京都の恵文社一乗寺店に行ったときに買った本ですが、今になって読み終えました。

1956年の第一次越冬隊の隊長、西堀栄一郎氏による南極での生活日記です。ほぼ50年前も前なのに、よく1年間越冬したものだと感心してしまいます。西堀氏の隊長としての考えなども素直に述べられていて、面白く読めました。ヘタにダイジェストされたTVドキュメンタリーよりもやっぱりいいですね。タロ・ジロの映画「南極物語」は見ていないのですが、あの犬たちが置いて行かれたのがこの時。どうしてそうなってしまったのかも隊長の目から書かれています。

困難を極めた荷物の運び込み、ブリザードと戦いながらの基地の準備、不足しがちな機材、国民の期待を裏切らない調査をしたいという熱意...機材修理や自作の測定器など、まさに工夫をこらしている様子は、まさに「開拓者」です。今でいうとスペースシャトルで宇宙へ行くのと同じぐらいの重さかもしれないですね。

南極観測のホームページ
asahi.com:南極プロジェクト
国立極地研究所

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年7月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iMac G5の修理待ち問題と不良コンデンサ」です。

次のブログ記事は「Appleの2005年度第3四半期決算報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。