チャーリーとチョコレート工場

Charlie and the Chocolate Factory [Original Motion Picture Soundtrack]幸せな気分になれることを期待して「チャーリーとチョコレート工場」を見てきました。予想通り...幸せになれました!個人的にはヒジョーに面白かったです...ズバリ傑作。

ティム・バートン独特の暗さの混じった不思議なポップな世界。ジョニー・デップの奇人ぶり、主演のフレディ君のかわいさ、そしてなんといっても「ウンパ・ルンパ」ですっ!

すっかりツボにはまってしまいました。ウンパ・ルンパが出てくると彼らに目がクギづけ。彼らが出てきてダンスが始まるたびに心底「凄いっ」と思いました。ダンスシーンだけでも是非また見たい!特に最後のロック風の曲のパフォーマンスには笑えました。プロモーションや予告に彼らがあまり出てこないのは、ある意味「びっくり」の演出のためだったのかなぁ。

他にも、物語の前半で、ジョーおじいちゃんがチョコレートを買うために大事なへそくりを出すところでは、最初から涙が出てしまいそうだったし、ジョニー・デップが出てきてからは、放たれるブラック・ジョークで何度も苦笑。工場でのリス達の演技ぶりにも感心しましたですよ。

私がこんなに面白がっているのに、なんとなく劇場内ではリアクションが少なかったような気がしました...。見に来ているのはかなり若い人達が多かったんですが、彼らはとってもクールなんですね。

なんとこちらのサントラは本日現在品切れ...。私も欲しかったのに。

B000A0YA9Mチャーリーとチョコレート工場 オリジナル・サウンドトラック
ダニー・エルフマン サントラ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

チャーリーとチョコレート工場 ウンパ・ルンパ ヘッドノッカー チャーリーとチョコレート工場 ウンパ・ルンパ ヘッドノッカー

トラックバック(9)

本日より公開の映画「チャーリーとチョコレート工場」を観てきました。 ティム・バ... 続きを読む

『 ダイヤモンド★ライフ 』 - 22日は、何の日? (2005年9月24日 11:57)

( 人気ブログRanking☆ ) 結婚するまで気が付かなかったですが、22日って、 「夫婦の日」 なんですね(笑) 昨日は、久々にダンナさんが仕事を休み... 続きを読む

少し前に見て書いておいたのに下書き状態だったのでやっとアップしました。この映画、完全に子供向けなのですが笑いは大人向けで個人的には結構好きですw 続きを読む

最近劇場公開が始まった「チャーリーとチョコレート工場」を見てきました。 もうこれがストーリーが有るんだか、無いんだかサッパリ分らないけど、ティム・バートンらしい... 続きを読む

ティム・バートン監督,ジョニー・デップ主演の『チャーリーとチョコレート工場』をレ 続きを読む

君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮) - 「EXILE ON MAIN ST.」ザ・ローリング・ストーンズ (2005年10月 1日 13:22)

自慢じゃないが、 俺はチョコボールの銀のエンゼルを 今までに、5枚当てたことがある。 最初の3枚は、 2枚持っていたmちゃんの誕生日プレゼントにあげ... 続きを読む

「チャーリーとチョコレート工場」なんて、タイトルからすれば子どもだましかと、、、 ジョニー・デップが10年ぶりに来日するほどの内容かと、、、 かなり疑っていたが... 続きを読む

TITLE: チャーリーと  もやし工場(searchla-logo crash mix) URL: http://ameblo.jp/searchlight/entry-10004762395.html IP: 202.213.214.167 BLOG NAME: 無人探査衛星アメーバ DATE: 10/08/2005 05:11:20 PM 続きを読む

映画「チャーリーとチョコレート工場 字幕版」を観てきました。 監督:ティム・バートン 主演:ジョニー・デップ / フレディ・ハイモア / ディープ・... 続きを読む

コメント(8)

原作を読んだことがあるんですけど、ウンパ・ルンパの歌が教訓めいていていいですよね。はじめにチャーリーが凄い環境で育っているのをみているから、よけい最後に幸せな気分になれるのかもしれませんね。私も劇場へ見に行きたいです…
 ところで、最後って原作通り、ドカンと飛び出すんですか?

ホントは今週末に観に行くつもりだったんだけど、
予定が入ってしまったのです…。
raizoさんのエントリ読んでたら、ますます観たい♪
来週末、ゼッタイに行きますよー☆

サントラは私も欲しいのですが、結構人気があるみたいですね。itmsの試聴でガマンしとります(笑)

>夢の泉 さん
「最後にドカン」ですか?ラストはそんな感じではなかったと思います。
最後はやはりウンパ・ルンパが...これ以上はやめておきます。
原作のラストも気になりますね。原作も読みたくなってきました!

>ぴろ さっm
是非是非見に行って、感想をお聞かせ下さい!

>RYU さん
おぉ、iTMSという手があったのですね。さっそく私も「試聴」してきます!!!

こんにちは。

とにかく音楽が素晴らしかったですね。
でもウンパ・ルンパのフィギュアは怖い…。

katt.jpさん、こんにちは。
これはミュージカルだったのか?と思わせるような演出でした。
ウンパ・ルンパ、実物はもう少しかわいい(?)ですよねぇ。
ブルブルと首を振るこのフィギュアを想像すると...確かに怖いです。

映画版は、父親のエピソードが追加されていたようです。文庫本では、はじめから家族を受け入れていますから(工場からドンと出て家にズドンでおしまい)。

夢の泉さん、コメントありがとうございます。
その後結局DVDも買って見ております。
家にズドンと落ちてきておしまいだったということなんですね。
文庫本も読んでみようかなと思いつつ、結局未読ですが...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年9月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「村井弦斎「食道楽」」です。

次のブログ記事は「来年もQuo Vadis Exectiveにお世話になります」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。