発掘された「ちびくろさんぼ」などなど

| コメント(0)

ちびくろさんぼ今回の実家の本の整理は、自分の本だけを片付けた訳ではないのですが、発掘していてついつい手に取ってしまうのは、自分にとって懐かしい本ということになります。

今回、ちょっと残念だったのは、この岩波のオリジナル「ちびくろさんぼ」がかなり虫に食われていたこと。中身は読めますが表紙や背表紙はボロボロです。でもこの絵本、やっぱり名作ですね。この挿絵のポップさは今見ても新鮮です。

ちびくろさんぼの中身1ちびくろさんぼの中身2

ビッケと空飛ぶバイキング船そして、もうこれは絶版のようですが、アニメにもなった「ビッケと空飛ぶバイキング船」。これも懐かしいなあ。よくよくみると、出版は指輪物語の「評論社」じゃないですか。もうほどんどが絶版で、今は在庫限りというところのようですね。

バイキングのビッケシリーズ
ビッケと赤目のバイキング
ビッケと木馬の大戦車

魚貝の図鑑そして思い出深い小学館の図鑑。これも古いなぁ。他にもたくさんあったはずなのですが、なぜかこの魚貝の図鑑だけが残っていました。ほんとういうと動物や昆虫の図鑑の方が好きだったんですけど。昆虫の図鑑では、ヤスデが線路で大発生して汽車が立ち往生...というイラストが今でも印象深く、頭に浮かんできます。

青池保子のトランプそしてなぜか「青池保子のトランプ大作戦」。これも存在をすっかり忘れていました。なぜかエロイカチームのダイヤのJackがロレンス君というところがご愛敬。ジョーカーの部長もいい味だしてます。

今日はくみこさんからメールが来ており、段ボール4箱分の本はBOOK OFFの宅本便で引き取ってもらって約3,500円だったそうです。もともとお宝本などはありませんでしたし、ゴミにならずにリサイクルしてもらえてホッとしました。

岩波の「ちびくろさんぼ」は、復刊されたこの2冊の話が一緒に入っていたんです...。

4916016556ちびくろ・さんぼ
ヘレン・バンナーマン フランク・ドビアス 光吉 夏弥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4916016564ちびくろ・さんぼ2
ヘレン・バンナーマン 岡部 冬彦 光吉 夏弥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年11月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod 5G : 新幹線の車内でビデオを見る」です。

次のブログ記事は「iPod 5G : 結局suonoのケースを注文」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。