Pixar買収記念!Disneyのショートフィルム

プルートとiTMSということで、新聞等でも報道されております通り、米ウォルト・ディズニー社はピクサー・アニメーションスタジオの買収を発表しました。いよいよジョブズ氏もディズニーの筆頭株主&取締役です!すごいなぁ。日本円にして8500億円のうち、半分が彼のものですよ...。そしてピクサー社の皆さん、今後ディズニーの中でも個性を発揮して頑張っていただきたいと思います。

ディズニー、ピクサーの買収を正式発表--買収額は74億ドルに - CNET Japan
ディズニー、ピクサー買収で合意も微妙な問題に直面【WSJ】 デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS

ということで、マクさんのところで知ったのですが、ジョブズ氏のディズニー取締役就任記念なのか、アメリカのiTMSではショートフィルムとして、ディズニーの古いアニメが10本登場。さっそく何本か購入してきました!

ただし、日本のiTMSのショートフィルムのコーナーは、本日現在ではクリックできないようです。ただいま準備中といったところでしょうか。きっと近いうちに日本でも販売が開始されるのでしょう。

私が購入したのは、白黒のミッキー映画「Building & Building」、同じくミッキーのカラー映画「Brave Little Tailor」、ドナルドの「Good Scounts」、プルートが活躍する「The Pointer」の4本。プルートは大好きなのでちょっと嬉しいです。みんな日本でいうところの戦前の映画ですが、古さを感じさせない楽しさです。古いディズニー映画は英語がわからなくても、雰囲気で子供でも楽しめますからいいですねっ!

そして今後はディズニー&アップルで、またなにか新しいことを始めてもらいたいですねぇ。期待しましょう!

トラックバック(2)

以前から囁かれていた噂が現実となった。 Walt Disney が Pixar Animation Studios を 74 億ドル相当の株式交換で... 続きを読む

既にいろんなサイトで話題になっていますが、Walt Disney が Pixar Animation Studios を約 74 億で買収しました。 ... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年1月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DisneyのPixar買収間近...Pixarにとっては?」です。

次のブログ記事は「もう少しひっぱります...DisneyとPixar」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。