おめでとうピッツバーグ・スティーラーズ!

昨日の第40回スーパーボウル。応援していたピッツバーグ・スティーラーズが勝利しました。表彰式では、選手達はもちろんのこと、オーナーのルーニー氏もとってもうれしそうで、ほんとうに良かったですねぇ。ちなみに相手のシアトル・シーホークスのオーナーは全米第2位の大金持ちポール・アレン。マイクロソフトの創始者の1人ですが、すでにマイクロソフト社を離れ、マイクロソフト社で得た利益で投資家をしています。NBAのポートランド・トレイルブレーザーズも彼のチーム。

さて試合ですが、第1クウォーターは、全く1stダウンがとれず、やっぱり今日はシーホークスなのか...というようなスタートでしたが、その後、スーパーボウル記録のランプレイあり、トリッキーなプレイありで、最後まで楽しめました。第4クウォーターであと数ヤードのところでインターセプトされたときはどうなることかと思いましたが、試合を通じてそうだったのですが、相手のミスにかなり救われましたね。やはり大事なところでミスが少ないほうが勝つ...というのは当たっているなと思いました。

報道によると、オープニングの前にはデトロイト=モータウンということで、スティービー・ワンダーのステージもあったようですね。それも見たかったなぁ。しかし、アローン・ネビルとアレサ・フランクリンの国家斉唱も良かったですし、たった15分では物足りなくはあったものの、ストーンズのハーフタイムショーも素晴らしいものでした。彼らにとっては大きな会場でのコンサートは慣れたものといった感じで、妙な演出無しのいつも通りの雰囲気。それがとっても良かったです。ここ数年では最高のハーフタイムショーだったのではないでしょうか。

さ、次なるイベントはいよいよ週末に始まるトリノオリンピック。そして2月19日にはNBAのオールスターも控えています。トリノ期間中は、仕事もありますので夜通し生で見るわけにはいきませんが、どちらにしろしばらくの間はスポーツ観戦に浸る毎日になりそうです。

トラックバック(1)

PLAYOFFが終わって2週間、やっとSUPER BOWLです。 PITが勝てば、史上初のプレイオフ6位からのSUPER CHAMP。 SEAが勝てば、初... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年2月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第40回スーパーボウルに備えて準備万端」です。

次のブログ記事は「寝ている間に1G iPod nanoが出てました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。