NIKE+iPod Sport Kid $29

Niki Ipod今朝はナイキとアップルの提携による新しいiPod関連商品が話題になっております。
ナイキとアップル、Nike+iPodを発表
Apple - Nike+iPod - Sync

読んだだけではいまひとつピンと来ませんが、NIKE+のオフィシャルサイトで、実際にどんな風に使うのかをムービーを見ることができます。走ったデータが、クツに入れたNIKE+から発信されて、ワイヤレスでiPod nanoに接続したレシーバーで受信。家に帰ってオフィシャルサイトでデータを見たりできるわけですね。NIKE+ : Overview

ランナーならずともちょっと面白そうですね。数年前は週に1〜2度、周辺を走ってみたりしたこともあったので、また始めようかな...という気にもなります。しかし...nanoじゃないといかんのですよね。

NIKE+対応のランニングシューズ「Air Zoom Moire」は6月13日発売で、すでにUSのNIKE TOWNで予約受付開始。シューズがUS$100で、NIKE+iPod Sport Kidは$29だそうです。アメリカはジョギング大国ですから、シューズもnanoも売れそうですね。

トラックバック(1)

blog.qu-up.com ささ喜 blog - NikeとAppleがコラボすると (2006年5月24日 13:28)

Nikeの靴内蔵用センサーとiPodを取り付ける受信装置。 iPod nanoと無線で接続して、走行時間/距離、消費カロリーや速さをi... 続きを読む

コメント(2)

チップのようなセンサーが、ナイキの靴に装着しないと使えないのか?
他のシューズメーカーに付けた場合はどうなんでしょうか。
振動を感知するセンサーのようなものだったら大丈夫なんでしょうけど。
それと距離は自分の歩幅を設定するんだろうから、結構誤差が
実際には出そうですね。まっ、お遊びですかね。
シリアスに走っている人はハートレートモニターなんかを選びそうです。

あの赤いものをシューズに付けることができれば、他のシューズでも使えそうなかんじもしますね。いわば、音楽も聴くことのできる高機能万歩計みたいなものかなと思っています。

歩きにも使えるとウォーキング層にも応用が利きそうですが...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年5月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「岩波新書の歴史」」です。

次のブログ記事は「ステッドラーのペンシルホルダー 900 25」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。