映画「インサイドマン」

インサイド・マン新宿武蔵野館で、スパイク・リー監督、デンゼル・ワシントン主演の「インサイドマン」を見てきました。平日の日中に行ったのですが、観客のおじさん率の高さに驚きました。8割は50歳以上のおじさんです。おばさんが多い映画というのは意外とよくありますけどね。ポルノ映画でもないのにどうしてでしょう。場所柄ですかねぇ。

インサイドマン公式サイト

スパイク・リーの映画は「25時」以来です。彼の初めての本格サスペンス映画...という触れ込みですが。なんだか最後は理解できずに???で終わりました。ニューヨークの人たちの「今」の描き方と、映画に込められた批判的な精神は彼らしかったのですが、サスペンスとなるとちょっと勝手が違ったのかもしれません。同行者の点数は45点。

映画の中には、(いつもと違って)お金のためならなんでもする弁護士役のジョディ・フォスターが、オフィスでシネマディスプレイを使用。犯人達が、iPod&JBLのon stationを使っているシーンもあります。スパイク・リーは25時の時もMacを登場させていますので、Macユーザーなのかな?

若旦那さんも書かれていましたが、クリストファー・プラマーの役どころにもポイントあり。あとは映画のタイトルとDellのパソコンの空箱がキーでしょうか。

そして映画の冒頭とラストで流れるインド風な曲(ラストはそれにラップがのります)が良かった。スパイク・リーらしいナイスな音楽センスです。

「25時」を見たときの感想
now and then: 25時

JBL on station(ジェイビーエルオンステージ) on stage JBL on station

25時 スペシャル・エディション25時 スペシャル・エディション
エドワード・ノートン デイヴィッド・ベニオフ スパイク・リー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック(1)

デンゼル・ワシントン扮する捜査官は 何も要求してこない銀行強盗犯苛立ちを 感じ始める。 これはただの銀行強盗なのか? それとも別の目的があるのだろう... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年6月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワールドカップ中ですが、NHLやNBAも...」です。

次のブログ記事は「映画「アタゴオルは猫の森」がCGで秋に公開!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。