今さらながらPalm Z22を買いました

| コメント(3)

Z22PackageもうPalmとはサヨナラするつもりだったのですが、考えた揚げ句にMacBook Pro用の増設メモリを買うかわりに、PalmのZ22を買ってしまいました。モバイルプラザにて、J-OSインストールモデルを購入。実物をみたら想像よりちっちゃくてかわいい!

Palm - Products - Palm Z22 Handheld

CLIEと並べたところ今まで使っていたCLIEと並べてみました。画面の明るさや解像度は圧倒的にCLIEが上ですが、Z22は、小さくて軽く、余計な機能なしでシンプルなのが取り柄です。昔のPalm Pilotがそのままカラーになった雰囲気です。はじめは上位機種のTX(無線LANやBluetooth内蔵)も考えたのですが、Z22の倍近い値段なのです。音楽再生やカメラなどの不要な機能が多いので、BluetoothでのHotSyncも魅力的でしたが、すっぱりあきらめてシンプルに徹することにしました。

シンプルなだけに、バッテリーの持ちも良く、しかもバッテリーが切れても中のメモリが消えません。CLIEで痛い目にあったことがあるので、この点は重要なのです。

現在CLIEからデータを移行中。iSyncがうまくいかず、四苦八苦。安定するまでにはしばらく時間がかかりそうです。ということでひとまず。

Palm Z22 (英語版) Palm Z22 (英語版)

コメント(3)

こんなのがあったんですか!
いままでザウルスとClieしか見た事が無く、
どこか今ひとつ_と感じていたところでした。
文房具もとい、シンプルなのが使いやすいですね。

ここしばらく、CLIEから離れていたんですが、不便を感じつつもいいモバイルがないなぁと思っていたのですが、Z22の見た目はとっても良い感じですね。見た感じあまり厚みもなさそうですね。iSyncで苦労されているとのことですが、がんばってください。自分もMacとうまくシンクロできるようなモバイルがあればほしかったので、raizoさんのレポートに期待です(^^

Z22は英語版なので、J-OSなどによる日本語化が必要ということで、CLIEに比べると日本語は少し不自由を感じています。しかし、iPodでは機能不足、Pocket PCほどの機能はいらない...というところでこのあたりに落ち着きました。

実は厚みはCLIEと同じぐらいなんです。でも、ちょっと丸みを帯びていて、手にしっくりなじむちょうどよい大きさだと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年6月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伊東屋オリジナルの鉛筆補助軸(木軸)」です。

次のブログ記事は「「にほんの建築家 伊東豊雄・観察記」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。