「アメリカの宇宙戦略」とスペース・シャトル

| コメント(0)
アメリカの宇宙戦略アメリカの宇宙戦略
明石 和康


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
6月発売の岩波新書の中からは、この「アメリカの宇宙戦略」を購入。スペースシャトルにまつわる話から始まり、今までのアメリカの宇宙戦略の歴史と、現在のブッシュ政権の考え、そして政治(主に軍事関係でしょうね)に翻弄される宇宙戦略について書かれています。そして奇しくも今朝は国際宇宙ステーション事業推進のため、このワールドカップのさなかにスペースシャトル・ディスカバリーの打ち上げ予定日でした。(発射は天候不良のため1日延期されたようです。)

2003年のシャトルの事故、そして前回の野口さんが乗ったシャトル打ち上げ(事故の際と同様に)も含め、このところなにかと批判を浴びることの多いNASA。日本で見ていると細かいところの事情がよくわからないところもあるのですが、そのあたりのNASAの内情も解説されています。

果たして次のスペースシャトルは本当に作ることができるのか、ブッシュ大統領が演説したように、本当にもう一度月に行き、そしてさらに火星へ行けるのか...。やはり月に行ったアポロ計画の頃は、ソ連というライバルもあってアメリカ市民の関心も高かったのかと思いますが、最近は宇宙ステーションぐらいでは関心も薄れ、火星に挑戦するぐらいでないと注目を集められないということでしょう。

40年も前に月に行ったのですから、今の技術をもってすればもう一度月に行くぐらいだったら簡単なことのように思えるのですが、やはりネックは「予算」のようですね。火星ではなくてもいいので、もう一度月に行って、月面上でいろいろな活動を見せて欲しいなという気持ちはあります。ハイビジョンで月面から生中継なんてできるとスゴいんですけどね。

人類がワープ航法みたいなもので遠くの宇宙域(!)を旅することができるのは、いったいいつになるのでしょう...。

ケネディ宇宙センターの打ち上げの様子を見ることのできるWebCam Widget
Kennedy Space Center Video Feeds - Dashboard - Webcams

NASA - Home
NASAスペースシャトルのページ
NASA - Space Shuttle

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年7月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Newsgatorを使ってブログを読む」です。

次のブログ記事は「最近のApple関連ニュースクリップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。