絵本「星座を見つけよう」

| コメント(2)
星座を見つけよう星座を見つけよう
H・A・レイ 草下 英明


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
小学生の時に買ってもらって大好きだった本です。星座の先生、草下英明氏が翻訳していますので、科学的な観点からも保証付きです。今でも星空を見ると、この絵本に出てくる星座の絵が頭に浮かぶぐらい、何度も何度も眺めていました。おさるのジョージの作者であるH.A.レイさんがアレンジした楽しい絵が星座の絵になっているのです。とても覚えやすいので、お子様と星空を眺めたいと思っている方、星がたくさん見えるのだけれど、星座はなかなか覚えられない...というには強力にオススメいたしますっ!

東京の夜空は空気が汚いことと空が街の光で明る過ぎるため、ほとんど星が見えません。パソコンのプラネタリウムもいろいろありますが、やっぱり本物の満天の夜空を眺めたいですねぇ

しかし、遠出も予定していないので本物の満天の夜空は臨めません。日本科学未来館のプラネタリウム「MEGASTAR-II Cosmos」も、ひところの混雑は緩和されてきているようですので、夏場の暑さしのぎに行ってみようかな...。(公式サイトで混雑状況も確認できるようです。)

この家庭用の星空投影機もどんなものか是非見てみたいものですが、狭いわが家では現実的ではないかも。

家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 コスモブラック家庭用星空投影機「ホームスター(HOMESTAR)」 コスモブラック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント(2)

またまたごぶさたしてしまいました。
「おさるのジョージ」もついに公開されましたね。劇場にはいけそうもないですが。

私信ですが息子が清水にいっているので、赤子とまったり過ごしています。うるさいのがいない今がチャンス?
もしかしたらふらっと伺うかも……

ちなみにこれはニンテンドーDSブラウザーからの書き込みです。

chimaさん、ニンテンドーDSからのコメントありがとうございます。(私も買うならPSPよりはDSかな...。しかしもちろん両方おもちなんでしょうな。)
ジョージ映画も、夏休みのアニメ大作に押されて地味な公開になりましたね。私も他の作品を見にいっちゃうと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年8月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私も対象...MacBook Proバッテリー交換ブログラム」です。

次のブログ記事は「湯島聖堂と美篶堂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。